肥満体がフルマラソンに挑戦するブログ

BMI28、アラフォーです。マラソンを科学します。

妬みという感情

   生きていくうえで人の幸せを阻む気持ちはなんでしょうか。妬みではないでしょうか。現代の日本人は豊かになりました。昔の王様だってこんなに快適な生活はできていません。美味しいものが1000円もだせば食べられます。500円でもけっこうです。快適な空調、安くて機能性のよい服や靴。それでも、あーこんな生活ができて幸せだぁと思う一方でもっともっと快適に、もっと人よりもという欲望に囚われています。

 スマートフォンタブレットの登場でますます人は便利な社会を造りだしましたが、幸せを感じる人がこれらの登場で増えたかというとそうでもない気がします。どれほど便利に快適になっても幸せを感じることのできない人は一定の割合存在するでしょう。衣食住が満たされた社会では、幸せを感じることができる人の割合は一定なのではないでしょうか。もちろん衣食住が満たされていない社会では、衣食住が満たされるにつれ、幸せに感じる人は増加していくと思います。

 衣食住が満たされても、家族と過ごせても、まだまだもっともっとと思う気持ち、ひとよりももっと快適にという気持ち。これが人の幸せを阻むのではないでしょうか。資本主義社会にとってこのもっともっとという気持ちはいろいろなものを生み出す原動力になるのでしょうが、人の幸せはそうでもないと思います。

 物質的に恵まれていても、人と比較してそうでもなければ、幸せという気持ちは減少します。自分と周りの人が同じであれば、少々不便でも、少々不足しても幸せに感じることできるのではないでしょうか。

 私たちは人と比較するということが自然な習慣になっています。これが幸せを阻む原因のひとつだと自分は考えます。小学校、中学校、高校、社会と自分たちは他人と比較されてきました。比較されること、比較してしまうことが自分の妬みの原因ではないかと思います。

 自分の能力、他人の能力は異なります。どれだけ頑張れるか、体力があるかも人それぞれです。本来自分と他人とで比較することは無意味です。人と同じだけ頑張る必要もありません。自分なりに頑張ればよいのです。人と比較しない、自分は自分である、そうやって自分の気持ちをコントロールすることで妬みの感情を抑えることが幸せにつながるのではないでしょうか。

 

 小学校、中学校、高校、社会と書きましたが、大学はどうなのでしょうか。大学でも比較するという感情はあったのですが、ほかの社会に比べて相対的にそういった気持ちが少ない場所だったと思います。どのような社会でも比較すること、他者との位置関係を意識することはありますが、大学はある程度そのような気持ちから超絶した場所だったと思います。日本の大学は本当に自由です。講義に行く行かないもある程度自由でしたし。大学はほかの社会に比べて苛め等も少ないそうです。勿論あることはあるのでしょうが、比較的ほかの社会と比べると苛めが少ないです。他者との比較があまりないからでしょうか。

 

自分がやらなければ誰かがやる

 昔鬱病になったことがあります。自分がやらなければ誰がやる…なーんてことがよく言われますが、そんなことありません。自分がいなくても世の中うまく回っていきます。総理大臣が突然いなくなっても、すぐに誰かかかわりがでるでしょうし、誰でも変わりはいます。組織、社会は自分が頑張らなくてもきちんと回っていきます。それが組織、社会です。だからそんなに背負う必要はありません。社会、組織にとっては人ひとりなんてちっぽけなものです。それが総理大臣でも、誰がなっても大きな流れは変わりません。ただ、家族にとってはそれは唯一無比なものです。だから家族を大切にしなきゃとおもいます。

 

 やーめた。やめた、やめた。そういうと楽になります。なんとかなるさ。そう思うと楽になります。

 

 

沖縄の近現代史

 沖縄旅行でふと気になってWikipediaを見てみると、沖縄の返還は1972年で今年で46年目です。

 50年前ほ日本ではなく、アメリカに統治されていました。なんかスッポリ抜け落ちています。その間沖縄の人たちの生活はどうだったのでしょうか?年表しか記憶にありません。自分が不勉強なのかどうなのか、日本の近現代史はそれ程勉強した記憶が無いのです。歴史を主に勉強したのは中学です。高校では地理を選択しており、理系だったため、あまり日本の歴史を勉強しませんでした。

中学の歴史の授業は縄文時代から始まり、近現代史はほぼおまけ状態でした。あまりテストにでた記憶もありません。1192つくろう鎌倉幕府なんてくだらないことばかり思い出します。

ある程度勉強熱心だった自分でもそうですから、高校でしっかり日本史をとって勉強した人以外は近現代史はおまけ状態であったのかもしれません。

 これはどうなのでしょうか?たまたまそうなのか?それとも大きな力が働いてそうなっているのでしょうか?

 ビオスの丘を見学していて、飼育係さんが水牛にも色々な性格がいると言っていました。牛車を引く水牛は従順でキチッと仕事をしてくれる牛てす。そうでもない牛は厄介で、観賞用の牛となります。ふと思い出しましました。施政者にとっても近現代史の歴史を深く追求する人たちは厄介なのかもしれません。自分は現在のアメリカ、韓国、中国との関係を考える授業や自分の国に愛国心を持つような授業を受けた記憶がありません。年表だけ覚えています。考えること、現在の他国との関係

を考えることは全くありませんでした。それでよいのか日本の教育と思ってしまいますが、施政者にとっては与えられた仕事をきっちりする人間が望まれルのかもしれません。わざと考えさせない教育をしているのかもしれません。

 

首里城とか

f:id:ttzest0616:20170618164118j:image

首里城に行きました。

石垣を見ていて、あれっ?あまりにも揃っている


f:id:ttzest0616:20170618163555j:image

調べてみると首里城は修復したものではなく、1992年に復元したものでした。けっこう新しい。城も一部は木造ですが、鉄筋コンクリートもけっこう使っているよう。昔つくられたものではないのですね。

ちょっと残念な感じがしましたが、まぁそんなものでしょう。

 

復元された首里城を観察すると、日本の城というよりは、中国の影響を大きく受けた造りの印象を受けました。構造は日本の建築も受けているようです。


f:id:ttzest0616:20170618164105j:image

沖縄は昔は独立国でした。 

独立国ではありながら1300年代から中国王朝と冊封体制、名目的な君臣関係を結びます。

そして、1609年の薩摩侵攻により、中国王朝と薩摩の二重支配を受けながら、かろうじて緩衝地帯として独立国家として体として存在します。

薩摩、日本の影響の方が地理的に受けやすそうですが、見物した首里城は中国王朝の影響を強く受けているようでした。国王や役人の絵も日本というよりは中国王朝よりです。

薩摩からの干渉を受けながらも、背後に中国王朝があることを匂わせ、なんとかやりくりしているような雰囲気でした。

 

そして、1879年の琉球処分により沖縄県となります。

それでも、やっとこさ琉球が真の意味で日本の一部になるのは日清戦争で清が負けてからだったのかもしれません。

日清戦争で日本が負けていれば、沖縄県ではなく、琉球王国の復活だったのかもしれません。

 

首里城を見学していて、王様の食事が質素であったとの記述がありました。二重支配を受けていた小さな小国では

とても栄華を極めるような人生ではなかったのかもしれません。

資本主義という弱肉強食の世界

僕たちは資本主義に中で生きています。

 

過去には王様がいる封建主義でした。

 

18世紀後半、イギリスで産業革命が起こりました。
それまでは封建制度という社会の仕組みで成り立っていました。
封建制度とは、国王は部下に領土を与えて身分を保障し、そのかわり部下は将軍に対して忠誠を誓う制度です。土地が基本にあって作物を作り、それを年貢として治める社会でした。

 

それからだんだんと運用方法がいろいろな商品、食べ物以外の商品にも変わっていきます。商品経済の誕生です。商品経済がすすみ、土地を奪われた農民は労働者となって自分の体で稼ぎ始めます。そして、産業革命が起きます。少しずつ封建制度が崩れる事となるのです。機械化が進み、資本家達は自分の資本を使い、多くの労働者を雇う事にしたのです。労働者を雇う事により、自分の資本を増やそうと考えたのです。

 

 

 ふと考えてみると自分たちが住んでいるある程度成熟した資本主義社会は成立してから、300年も経っていないのですね。100年年金計画なんて言いますが、300年前はまだ封建時代だったわけです。

 

 

 資本主義は自由な世界です。現実はそうではないけれど、前提としてスタート地点はみんな同じだとされています。同じスタート地点からみんな一斉に走り出します。フルマラソンだと考えましょう。スタート地点は一見同じです。でも人によっては初めから車や飛行機に乗っていたり、裸足でスタートしたりとさまざまです。僕は日本の中流家庭で生まれているので、はじめから自転車に乗っているようなものです。資本主義はすべての人の幸せを叶える手段となる社会体制でしょうか。そうではないでしょう。ただ、ゴール地点を同じに目指した社会主義は失敗しました。ゴール地点を同じに操作する立場のものも人間だからです。ではどうしたらよいのでしょうか。はじめから飛行機に乗っている人はそれはやりすぎでしょう。はじめから裸足の人もやりすぎでしょう。ある程度国家が修正していくような社会を目指すべきではないでしょうか。。。。

 

ウッドデッキ 散水栓を立水栓へ

ウッドデッキを作るにあたり、嫁が突然立水栓がほしいとのこと…。

けっこうハードルが高そうですが。

散水栓のもとの水道管を切断して取り付ける方法もありますが、そこまではしたくないです。

 

なので散水栓をそのまま利用することに。

 

このような散水栓なのですが、

 

f:id:ttzest0616:20170610173123j:image

 

先を取り外します。

 

f:id:ttzest0616:20170610173231j:image

根本が雄ねじタイプのようです。

雌ねじタイプのアダプターを探します。

雄ねじ、雌ねじってなんだかやらしいですね。

凹凸の凸ねじといってもよさそうですが、直感的に雄ねじのほうがわかりやすいです。

 

規格はどうやら13というものらしいです。

そこでホームセンターで探すと

 

f:id:ttzest0616:20170610173218j:image

 

給水栓用ソケット(インサート付)

というものを発見。

これを散水栓に取り付けます。

このときシールテープを巻きました。

「シーリングテープ」の画像検索結果

こんな風に。

ポイントとしては6回巻く。

はじめの山一周はまかない(配管の中にはいりこんでしまうとよくない)。

ひっぱりながらきれいに。

さらに塩ビ管用のコーキング剤をまいてさらに固定。

そしてエルボを連結し、塩ビ管を継げました。

合計6m程度延長。

 


f:id:ttzest0616:20170610173325j:image

f:id:ttzest0616:20170610173316j:image

 

塩ビ管を継ぐときのテクニックとしては

①面とりをきちんと行う。面とりは紙やすりでOKです。


「塩ビ 面取」の画像検索結果

②差し込む時は一気に差し込む。まわしながらは駄目。30秒程度圧迫を行う。

③ちなみにVP管かHI管かはどちらでもよいようです。HIの方が上部なのでHIにしました。






f:id:ttzest0616:20170610173249j:image



そしてネットで買った2500円と1500円のアンティーク風蛇口を取り付けます。
あんまりよくとれていません。

柱はエンビ管を建てるようです。

 

柱はまた切断します。

 

化粧はまだですが、思案中です。

 

どのようにしようか。

…。排水が問題です

浸透枡を作成しても庭が水浸しになりそうです。

そのまま駐車場の勾配を利用したものにしようかな。

 

 

 

骨格だけはとりあえず簡単でした。

 

本来ならばエンビは地中に埋めた方がよさそうですが、基礎の途中からなのであきらめました。デッキの下になるのでまあよいかと。

 

保護剤が必要ですね。

 

 

 

 

タイヤを安く交換する方法

タイヤ交換をしました。

タイヤが磨り減っていたので新しいタイヤに交換です。

まず今のタイヤを外す。

ホイールから今のタイヤを外す。

ホイールに新しいタイヤをつける。

新しいタイヤを車に装着する。

こういった流れになります。

 

自分では無理です。

 

バランス等をとる必要があるらしいです。

 

オートバックスやタイヤ館で交換するとこれがけっこう高い。

タイヤ館ではネットで購入したものはつけてくれないらしいです。

オートバックスはしてくれることはしてくれますが、一本なんだかんだで4.5千円かかるとのこと。

 

色々調べた結果

①価格コムで適合するタイヤを購入する。

適合するタイヤの調べ方は

タイヤに書いてあります。

f:id:ttzest0616:20170605102424p:plain

価格コムで車種で検索すれば適合するタイヤが見つかります。

② 持ち込み、タイヤ交換、自分の住んでいる市 でgoogleで検索です。

ちなみに自分の場合はガソリンスタンド併設のタイヤセンターで交換しました。

6800円....

メチャ安い。

 

タイヤ館で買う値の半分近くで押さえられました。