読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肥満体がフルマラソンに挑戦するブログ

BMI28、アラフォーです。マラソンを科学します。

韓国ドラマ 輝くか、狂うか 感想

光宗(こうそう、925年 - 975年7月4日(旧暦5月23日))

第4代高麗王(在位:949年4月13日 - 975年7月4日)。

 

956年に奴婢按検法を宣布し、後三国時代の混乱期に奴婢となった者たちの身分回復を始めた。この法により、大量の奴婢が耕作する広大な所領を経済的基盤としていた建国の功労者である豪族たちの勢力をそぎ、王権の強化に努めた。また科挙制度の開始など、高麗初期において国家の基盤を築いた名君として評価されている。だが治世の後半に至って豪族や親族に対する排除は粛清といえるほどに厳しさを増し、中には罪なく殺された者もでたため、後世に批判される面もあった。

 

wikipediaにあります。

なんか李芳遠に似ております。

李氏朝鮮李成桂という軍人が建国します。建国したばかりの国はやはり開国功臣の力が強いです。王様も開国功臣の力を無視できません。歴史は権力闘争です。権力が開国功臣から王権に移行する礎を築いたのが李成桂の5男李芳遠です。強烈な政治力によって王権を築き、私兵の解体、軍隊の整備といった中央集権化をなしとげました。

 

光宗も4代目にして始めて王権の礎を築いた王様です。長い高麗王朝の土台を作りました。開国以来開国功臣、豪族にあった権力を王に奪還したわけですから、当然血の嵐がふきあれます。開国以来の功臣は3200人もいたそうですが、光宗の晩年には40人程度になってしまったそうです。

 

そんな光宗(ワンソ)が主役のドラマでした。高麗時代初期を背景に、高麗の皇子ワンソ(チャン・ヒョク)と渤海の姫シンユル(オ・ヨンソ)の愛の物語を描くロマンス史劇です。

23話まではけっこう面白かったのですが、24話でぶち壊されました。

ワンソとシンユルは同じ道を歩むと思われたのですが、シンユルがなぜか突然やりたいことができたとお別れを告げます。プッツン女です。理解できねぇ。なんなんだこの女は。あまりにも突然の心変わり。やはり史実にない女性だったので、一緒になるわけにはいかなかったのでしょうか。ほとんどフィクションなので最後までフィクションを貫

いてほしかったです。最後の戦闘シーンもちゃち過ぎます。70人対70人程度の戦争にしか見えません。執政は大量の私兵を呼び寄せたはずなのに。あまりにも人がまばらです。戦闘シーンはないほうがよかったのではないでしょうか。あまりにもちゃち過ぎます。最後の最後で裏切られたドラマでした。この空虚感。あまりの衝撃のラストに脱力です。24話まで観た時間を返してほしいと思ったドラマでした。

勤務医と開業医

 整形外科の場合、勤務医と開業医ではたいてい開業医の方が愛想がよいです。

もともと愛想の良い人が開業医になるというわけではありません。

勤務医時代愛想が悪かった人も開業医になると愛想がないとやっていけません。

勤務医はたいていどれだけ患者をみても給料は変わりません。患者の数が減れば減るほど楽になります。逆に開業医はそうではありません。

 

 勤務医でもいろいろな病院があります。大病院で手術をおもに行う勤務医。その大病院で行った手術のリハビリ等後処理を頼まれるサテライト病院。小規模病院で手術を行う病院。小規模病院で外来しか行わない病院。

大病院で手術をおもに行う病院の勤務医の対象はどうしても手術適応の患者です。特に細分化されている病院だと、手術適応の患者でもさらに自分の専門分野の患者に興味があります。

大病院で手術を行う病院に頚椎捻挫や50肩で受診をするのはお勧めできません。軽くあしらわれるだけです。開業医でリハビリをやっている病院に行きましょう。

 

安全と安心は違う  

 

復興省長官の失言が叩かれています。

福島の自主避難者を自己責任と言いました。

科学的には安全といわれる地域でも住民は安心できないということです。

このまま自主避難者にも補助を続けるとコストがかかり続けます。

科学的に安全と言われている地域を安心までもっていくには相当なコストがかかり、それを国民負担にするのはどうかと思います。

豊洲も同じことです。

科学的に安全であるならば、日本は科学立国なのであるからには科学に基づいて判断すべきではないでしょうか。

戦争における1人の命が重くなってきている

 北朝鮮に関する報道が続いています。

2020年までに北朝鮮がアメリカまで届く大陸間弾道ミサイルを開発する恐れがあるらしい。アメリカも流石に自分の国まで届くミサイルが開発されるのは黙っていないわけですが、どうなることでしょう。

アメリカが先制攻撃を行っても、すべてのミサイル発射基地を先に壊滅させるのは無理のようなので、絶対に報復ミサイルが日本、韓国に飛んでくることになる。核ミサイルであった場合には100万単位の人が死亡する可能性もある。

そんなことできるのでしょうか。

 

アメリカ軍の死亡者数ワースト10戦争です。


10, アフガニスタン戦争(2001年~現在) 殉職者総数:2322人 派遣された兵士の数:不明

 9, 米西戦争(1898年~1901年) 殉職者総数:2446人 派遣された兵士の数:30万6760人 

79.73/万人

8, 独立戦争(1775年~1783年) 殉職者総数:4435人 派遣された兵士の数:不明
7, イラク戦争(2003年~2011年) 殉職者総数:4486人 派遣された兵士の数:150万人超

29.90/万人
6, 米墨戦争(1846年~1848年) 殉職者総数:1万3283人 派遣された兵士の数:7万8718人

1687/万人

5, 朝鮮戦争(1950年~1953年) 殉職者総数:3万6574人 派遣された兵士の数:572万人

63.94/万人

4, ベトナム戦争(1964年~1973年) 殉職者総数:5万8220人 派遣された兵士の数:874万4000人

67.26/万人
3, 第1次世界大戦(1917年米参戦~1918年) 殉職者総数:11万6516人 派遣された兵士の数:473万4991人

246/万人
2, 第2次世界大戦(1941年米参戦~1945年) 殉職者総数:40万5399人 派遣された兵士の数:1611万2566人

251/万人
1, 南北戦争(1861年~1865年)  殉職者総数:36万4511人 派遣された兵士の数:221万3363人 注:数字はいずれも北軍のみ。
1646/万人

派遣された兵士あたりで比べてみます。

1800年代は一万人あたり1000人以上が死んでいます。

第二次世界大戦までは250人程度です。

朝鮮戦争は63人程度と減ってます。

ベトナムは67人とあまり変わりません。

イラク戦争は29人です。

 

昔と比べて圧倒的に戦争で死ぬ人が減っています。

武器が発展していき、攻撃する側アメリカ軍の死ぬ人は減っています。

 

逆に民間人 相手側はどうでしょうか。

第一次世界大戦死亡者数 

f:id:ttzest0616:20170406180135p:plain

第二次世界大戦死亡者数

f:id:ttzest0616:20170406173552p:plain

f:id:ttzest0616:20170406173635p:plain

朝鮮戦争

f:id:ttzest0616:20170406175952p:plain

ベトナム戦争 

f:id:ttzest0616:20170406175912p:plain

 

イラク戦争 イラク戦争の犠牲者 推定50万~65万5千人 7割以上が民間人

 

一般人はやはりめちゃめちゃ死んでいます。

ただ以前と比べて減ってきているようです。

民間人の犠牲者が多くなれば、やはり批判が多くなります。反対運動も大きくなります。

以前と比べ、情報が一般人にもすぐに知れ渡る時代です。1人1人の命は以前より重くなっているのです。

朝鮮戦争が勃発すれば、100万単位で死者がでます。

核戦争ともなればもっとです。

それにトランプ政権は耐えられるのでしょうか。トランプさんにそんなガッツありますかね。

無理だと思うな。

結局、北朝鮮には有効な手立てが打てないまま終わってしまうのではないでしょうか。

 

 

 

 

ギャンブル依存症 パチンコ産業

パチンコ産業の労働者数は31万にもなるそうです。

f:id:ttzest0616:20170406092224p:plain

それでは売り上げはどのくらいでしょうか。

 

f:id:ttzest0616:20170406092723p:plain

パチンコは30兆円産業ともいわれますが、実際は23兆円程度のようです。

23兆円はお客さんがパチンコ台に投資した金額の合計であって、実際にはそこから「お客さんがパチンコから勝った額」を差し引くと3兆円ちょいとなるようようです。

 

f:id:ttzest0616:20170406092957p:plain

それに対してギャンブル依存症の患者は

国内に計536万人いると推計されます。成人の約5%で、内訳は男性が438万人、女性が98万人。

それに対して世界のほとんどの国では成人の1%前後。

ちなみにアルコール依存症は、推計で男性約95万人、女性約14万人の計約109万人とされでいます。

とんでもない数字ですね。

よくパチンコ産業をなくすと雇用が失われるといいます。

しかし、ギャンブル依存に陥る人が減れば、その分プラスではないでしょうか。

わかっちゃいるけど病められない。

それがギャンブルですね。

 

非特異的腰痛に対して超音波治療は有効か?  

 非特異的慢性腰痛患者において、疼痛もしくは生活の質の改善に対する超音波治療の使用を裏づける質の高いエビデンスは確認されていません。超音波治療が短期間での腰部機能改善にわずかな効果があるというエビデンスがりますが、この有益性は臨床的に重要とは考えにくいです

 それでも腰痛患者さんに対して超音波治療はされています。大病院ではほとんどしませんが、開業医では多くしています。なぜでしょうか。それは集客のためです。もし、電気治療、牽引、超音波を開業医がしなくなったら、開業医はすることがなくなるからです。患者も何かしてもらったことで満足度が上がります。治療している気分になります。開業医も患者もお互いあまり異味ないことをしているのですが、お互いメリットがあります。

ギャンブル依存症  

 

 ギャンブル依存症をご存知でしょうか。

 ギャンブルは普通自分の意思でしているのだと捉えがちですが、やめたくても辞められない人が多くいます。ギャンブル依存は本人の性格や資質の問題だけではなく、病気なのだと捉えるべきです。ギャンブルは自分だけの問題では留まらず、家族を巻き込んでしまいます。 ギャンブルの多くは家庭内崩壊につながります。その影響は夫婦のみならず、子供にも大きく現れます。その子のコミュニケーション能力を大きくゆがめてしまうこもありえます。

 ギャンブル依存をする人の多くは楽しくてギャンブルをしているわけではありません。はじめはたのしかったのかもしれませんが、多くは負けたものを取り返したい、辞めたいのに辞められない、反省と自戒を繰り返しながら続けてしまいます。借金を返さなければ、負けを取り戻したい、辞めなきゃ辞めなきゃという焦りを感じながらギャンブルを行う人が多いのです。それでもギャンブルをやめられなくて、自己嫌悪や罪悪感を感じることになります。不快な感情やストレスから逃れようと思ってギャンブルをするのに、それが逆にストレスを高めて、さらにギャンブルに向かうという負のスパイラルが継続します。

 ではそもそも人をなぜギャンブルに向かわせるのか。その原因の一つに寂しさがあるといわれます。寂しさや孤独を感じないようにするためにギャンブルを行う。親しい人との別れというような劇的なものから、普段の周囲とのコミュニケーションがうまくいかなくて寂しさを感じる,挫折感ということもありえます。寂しさを感じるとその寂しさを紛らわそうとして他のもの、ギャンブルにのめりこむ。心の充足感を求めてギャンブルに走ってしまう。寂しさのほかにも空虚感、挫折感、なぜか心が満たされないそういった下地がある状態で、ギャンブルにのめりこみます。一時的な金銭の獲得、成功、勝利によって、心を満たそうとするです。

   まずは現状を受け止めることが必要です。自分が病気なのだと認識することが必要です。自分の気持ちをきちんと受け止めることが大切で、無意識にギャンブルをしてしまうのではなく、自分の意思でその行動をとっているということを認識することが大切です。何かつらい、苦しいからといってギャンブルにのめり込むのは結局ところ自分がギャンブルをすることを選択している、自分の意思を決定しているのは間違いなく自分なのです。無意識にギャンブルしてしまうことなんてありえないとまずは認識することが大切です。

  そして、自分の満たされない原因、寂しさ、空虚感が何なのか受け入れて認識することが大切です。

   ギャンブルによってどのようなことが今までおきたのかもしっかりと認識すべきです。ギャンブラーが賭けているのはお金だけではありません。自分の家族、平穏な日々も同時に賭けているのです。ギャンブルを行うとき、家族のことを思い浮かべましょう。

 

自分への手紙を書きました・・・・。

 

僕はギャンブル依存症です。

自分の場合は株FXです。現状では借金はありませんが、貯金は溜まりません。ただ、積み立て保険は手をつけていません。家族に申し訳なく思います。何回も辞めようと思いましたが、やめることがまだ出来ません。負けた分を取り戻そう取り戻そうとしてズルズル負け続けます。結局これはギャンブル依存症なのだと最近やっと認識しました。アルコール中毒では肝臓がぼろぼろになっていきますが、ギャンブル依存症ではお財布がぼろぼろになっていきます。結局、8年ぐらい苦しんでいます。まずは自分が病気だと認識し、今までのの損は病気に費やされたと思うしかないでしょう。

 

治療は何があるのでしょうか。うつ病の合併も有り得るのでうつ病の人は抗うつ薬を飲むことが大切でしょう。一番効果的なのはグループカウンセリングです。ギャンブラーズアノニマスという自助団体があるのですが、それに行ってみようかと思います。

 その他にセルフトレーニングあります。

たとえば

  • 心が満たされない状況を思い浮かべます。

周囲から仕事をしていないと思われる。自分でももっといろんなことをしたいと思う。

  • その状況でどのような感情をもつか

どうしようもない、悲しい

  • どのようなことを考えるか

その他に何か自分でのめりこむものがほしい。

  • 実際の行動

ギャンブルをしてします。

  • どのような行動をすべきか。

 ギャンブル以外の自分を磨くような勉強を行う。

 

毎日ポジティブな日記をつけて自分の気持ちを整理することも治療のひとつとなるでしょう。