肥満体がフルマラソンに挑戦するブログ

BMI28、アラフォーです。マラソンを科学します。

「オーリーとトゥルーファー」(アイザック・B・シンガー)の物語 

「オーリーとトゥルーファー」(アイザック・B・シンガー)の物語をSIMという英語教材で聞きました。昔高校生の頃に勉強したのですが、最近また英語を少し勉強しようとおもって聞きました。

 冬を前に他の葉は散ってしまうが、オーリーとトゥルーファーと名付けられた二枚の葉だけは耐えて生き残っていた。他の葉が散り自分達だけが残った理由は分からないが、二人はそれが二人の愛の力のおかげだと信じていた。そして、オーリーが先に木から離れて逝ってしまう。残されたトゥルーファーは絶望と孤独の中で何とか耐えている。そして、自分の力では木から離れることもしがみつくこともできないことを嘆く。葉にとって木は神であり、宇宙のようであり、絶対的な支配者だった。一枚の葉は木にとって気に留めることもないような存在だった。

 そして、ついにトュルーファーも木から落ちる。木の下での目覚めは、彼女(トゥルーファー)がかつて日の出とともに木の上で目覚めた時に感じたものとは違っていました。彼女の恐れや不安の全ては今では消え去っていました。その目覚めは、彼女がかつて感じた事の無い認識をもたらしました。

 今彼女は、自分が風の気まぐれに右往左往する葉ではなく、宇宙の一部であると知りました。

 彼女の横にはオーリーが横たわっていて、彼らがかつて気付いた事の無い愛をもってお互いに挨拶をしました。

 これは、偶然や気まぐれに依存する愛ではなく、宇宙そのものと同じくらい力強い愛でした。そよ風がやって来てオーリーとトゥルーファーを空中に持ち上げ、そして彼らは、自分自身を解放した者だけが知る無上の喜びをもって舞い上がり、そして永遠に結びついたのです。

 

こんな話なのですが、なんとなく葉に自分たち、人間が重なります。自分たちはどんなにがんばっても、木の恣意的な思いの中でしか生きられません。はじめから木のどの部分に生えてくるのかも決まっています。死ぬときも自分では選ぶことができません。絶対的な木の上で運命を委ねている葉のようなものです。だからといって悲観する必要もありまません。人を羨む必要もありません。どんなに成功している人も、羨ましいと思ってい居る人も木に生えた葉なのですから。そしていつかは自分も木の一部、宇宙の一部になるのですから、いつか死ぬことを恐れる必要もありません。

知能は遺伝する

 お金持ちの家に生まれた人はそれだけで優位にたてます。教育にかけられるお金も十分にあります。また知能もある程度遺伝します。ある研究では18年間総数1万組の双生児ペアについて、知能・学力や性格、精神疾患発達障害などを調査しました。その結果、神経質、外向性、開拓性、同調性、勤勉性といった性格については30〜50%が遺伝で説明できることがわかりました。また知能については70%以上、学力は50〜60%程度が遺伝で説明されました。双生児法を用いた行動遺伝学研究はいまや世界各国で膨大な研究の蓄積があり、音楽や執筆、数学、スポーツに関しては遺伝の寄与率は80%にもなるという報告もあります。いままでは頭のよさが遺伝するというのはどちらかといえばタブーになっていたと思います。

 勉強をがんばったら誰でも賢くなることができる。そう学校では教わってきましたが、実際は異なります。勉強をがんばってもがんばっても出来ない人はいます。

 だからといって教育が無駄ということではありません。読み書き、計算ができることはそれだけで社会で生きていくうえで役に立ちます。ただ、あまりにも高等な数学や物理を全ての人必要かというとそうでもありません。大学は希望すれば、行くことができる社会を今政党が提言していますが、あまり意味がないことだと思われます。高校生ぐらいから自分が勉強するのに向いているかどうかはわかってくるもんではないでしょうか。今まで大学にいけなかった人が行けるようになるというのは社会的に無駄でしょう。それよりも貧困家庭の子供が幼児教育、小中学校での学校教育以外の補修が受けられないことが問題ではないでしょうか。

悲しい事件

 埼玉で夜 母親が飲食店で仕事中に火事が起こり、兄弟3人が巻き込まれ、1人死亡するとう事件が起こりました。

 子ども3人を持ち、夜も働きにでる。そして火事がおきる。なんか悲しすぎます。このお母さんを攻める気にはどうしてもなりません。日本はいつからこんなに貧しい国になってしまったのでしょうか。子ども3人もいて、働くのは正直大変すぎます。なんとかならないものでしょうか。国の富の再分配機能がうまく機能していないのではないでしょうか。

世の中には有り余るお金を持っている人もいればそうでもない人がいます。ビルゲイツが大金持ちでも、その命は何億人よりも勝るということではありません。

 

シングルマザーを選んだのは自己責任という論調もありますが、果たしてそうなのでしょうか。どうしようもないこともあるはずです。誰だって好きでシングルになりたいわけではありません。問題はシングルマザーを社会が助ける仕組みが不十分なことでしょう。

 

 頑張ればよい、自助努力によって、生活、人生はなんとかなるのだという考えが基本的に学校で教えられてきたように思えますが、実際はそうでもありません。人は生まれながらに不平等です。はじめからスタート地点が違います。まれにそれをなんとかしてしまうような超人、偉人がいますが、大多数の人はそうではありません。超人、偉人を見習いなさいといわれてもしんどいだけで、なんともどうしようもありません。人は生まれながらに不平等で才能の差、家庭の差、国の差、地域の差があります。自助努力だけでなんとかなるというものではありません。社会が弱者を助けること、それが文明社会なのではないでしょうか。

 北朝鮮は無視した方がよい

 現在、北朝鮮情勢が緊迫しております。なぜこうも緊張が高まっているのでしょうか。

 トランプ大統領は選挙中には世界の警察はやめて、自国の経済中心な政策を中心に行うような選挙活動をしていましたが、最近方針転換したようです。低いすぎる支持率を上げるために新たな敵を作り出そうとしている気がします。

 北朝鮮は現在核をもっていて、日本にも発射可能です。アメリカまで届くミサイルが届くとなるとアメリカも黙っていないということなのでしょう。アメリカまで届くミサイルができたら、リスクを犯してまで日本や韓国を守るべきかどうかまた新たな議論が生まれそうです。

 日本にとってはアメリカまで届くミサイルかどうかはあまり関係ありません。もうすでに日本は射程距離なのですから。日本は北朝鮮と距離を置き、アメリカからもある程度の距離を置いたほうがよいのではないでしょうか。戦争に巻きまれるよりも。ただ、アメリカがもう守ってくれなくなると大変です。その際には日本も核武装する必要がでてくるかもしれません。

 パキスタン、インドの核保有をアメリカは認めているの、北朝鮮はなぜ駄目なのでしょうか。独裁国だからでしょうか。アメリカが認めないとしても金政権は核開発を放棄することはないと思われます。それは金王朝にとって、体制維持にとって合理的なものだからです。

 北朝鮮が核保有、ミサイル開発を進めるのはもうどうしようもない段階なのではないでしょうか。核を持つ国はそれだけでもうどうしようもないのです。北朝鮮は無視して、その存在を認めて、やっていくしかないのではないでしょうか。 

天国の階段 韓国ドラマ 変態お兄さんの激しい恋

 愛する幼なじみと引き裂かれ、記憶を失い、ストーカー変態お兄さんにさらわれた女性の話です。

初めは古めかしさとあり得ない場面で興醒めでした。

初めのシーンで浜辺でピアノを弾くシーンが流れるのですが

、違和感ありまくりです。

使用人が旦那様のためにわざわざ浜辺に運んだのでしょうか?

それとも業者?

今日は浜辺でピアノ弾く気分だから、浜辺に運んでくれと依頼したのでしょうか。

そんな違和感ありまくりのスタートでしたが、お兄さんにさらわれてからの物語にはグイグイ引き込まれます。

しかし、このお兄さん変態ストーカー過ぎるのですが。主人公の娘が可哀想です。

 

 このお兄さん主人公の記憶が戻った途端、元の場所に帰れと言うのですが、今から簡単に戻れる分けないだろと言いたくなります。あんたがみんなに悪事を告白すれば丸く収まるのにそれもしない。段々腹がたってくるのですが、このお兄さんどうやら軽度知的障害があるようなのでしかたないのかもしれません。

 

 お兄さんは何度も主人公のことを愛していると言います。愛しているからこそあんなことをしてしまったと。これは愛ではありません。愛ではなく、好きという感情、恋、情熱です。愛は相手のことを思いやる気持ちです。恋は恋い焦がれること、自分からの一方的な思いです。恋は誰しも持つことのできる感情ですが、愛には相手のことを思いやる気持ちご必要で、忍耐と努力が必要です。老いた夫婦がいろいろあって私たちにもいろいろありましたねなんていいながら、手を取り合うような気持ち、子供を愛しむ気持ち。それが愛なのだと思います。恋は激しい情熱です。愛は愛しい気持ちです。お兄さんはき違えてます。ストーカーの激しい情熱、一方的な思いで、そこに愛はありません。愛は相手に与える感情で、恋は相手に乞う思いです。

 

 主人公に対する仕打ちが本当にひどくてひどくて涙、涙です。幼なじみの男も無理なら開放してやれよと思います。他の女と婚約するならきれいさっぱり手を出すなっつうのに、イライラ。この幼なじみも自分の思いの方が強そうです。ふたりのストーカーに乞われる主人公は本当に不幸です。可哀想です。主人公は可哀想です。何でこんな一方通行な男を好きになってしまうのでしょう。この主人公の一番不幸な理由はどうしようもない優柔不断でワガママな男を好きになったことでしょう。この女性のもう一つの不幸はワガママでなさ過ぎる、自分より他人を優先してしまうところでしょう。

 

 まぁそんな2人ですが、主人公の視力が冒されてからはまともになります。主人公が目が見えないので食器を割るシーンが何度も出てくるのですが、われない素材の食器を使えよと思ってしまいます。ドラマなので、食器は割れないと困るということでしょうか。

 

ランナーズハイ βエンドルフィン

 再び走り始めました。左下腿の脛骨疲労骨折の痛みは全くありませんが、右下腿の肉離れはまだ違和感が残ります。

 体重は現在75.5kg。本日は3k走りました。

 はじめはしんどいのですが、だんだんと楽になります。運動を15‐20分以上継続するとβエンドルフィンが分泌されるといわれています。運動習慣が多ければ多いほど分泌されやすくなるそうです。

 βエンドルフィンは脳内麻薬といわれ効果絶大です。

 

子どもの貧困が増えている

子どもの貧困が増えている。聞いたことがあるでしょうか。

グラフです。

f:id:ttzest0616:20170414123933p:plain

順調な上昇トレンドです。

1980年頃は10人に1人の子どもが貧困であるといわれていたのですが、現在では6人に1人が貧困にあるといわれています。

貧困といっても、アフリカの生命活動を維持できないような絶対的な貧困というのではなく、相対的貧困です。

相対的貧困とは何なのでしょうか。等価可処分所得の中央値の50%以下の世帯の子どもを指すようです。要するに手取り平均の半分以下の収入の家庭の子供達です。

2012年の厚労省国民生活基礎調査によれば、日本で貧困ラインは単身で122万円/年(月に10万円)であり、2人世帯で173万円/年(月に14.4万円)、3人世帯だと211万円/年(月に17.6万円)、4人世帯だと244万円/年(月に20万円)だそうです。

 

そもそもなんでこんなに貧困な家庭が増えているのでしょうか。

f:id:ttzest0616:20170414124026p:plain

青線 民間平均給与

赤線 実質平均給与

f:id:ttzest0616:20170414124050p:plain

順調に労働者の実質賃金は減っています。

 

 2003年に製造業の派遣が解禁になるなどの労働者派遣法の改定を受けて派遣労働者が増えるなど、雇用者の三割以上は非正規雇用職員となっています。逆に、企業における内部留保(利益剰余金)は上昇し、株主配当や役員報酬は増加しており、格差社会は広がっております。

 

 労働者の実質賃金が低下し、貧しい家庭が増えているということです。こどもの貧困世帯の多くに1人親という問題があります。

f:id:ttzest0616:20170414124728p:plain

 母子家庭の貧困率は圧倒的です。

 

 母子世帯の学歴はふたり親世帯の学歴より低く、中卒は同世代女性の約3-4倍となっており、母子世帯の貧困や諸困難の背景に低学歴という問題があります。学歴が低いほど就業率が低く、正規雇用率が低い。非婚(未婚)世帯は中卒割合が22.5%で、同世代女性の6倍強で、増加傾向にあります。

また日本では離婚や未婚の母に対して子どもの別れた父親の実際に支払いがある養育費が2割しかない状況です。年収の高い父親ほど、養育費を払っている割合は高いが、年収500万円以上の離別父親ですら、その74.1%は養育費を支払っていません。貧困層父親は「支払い能力の欠如」、非貧困層父親は「新しい家族の生活優先」が理由となり、どの所得層の父親においても、養育費を支払わないという状況が生み出されています。 政治家の舛添要一についても障害をもつ婚外子の扶養について係争になっています。

 

 日本全体が貧しくなっているから、子どもの貧困も増えてきている。確かにそうだろうとは思います。ただそれだけなのでしょうか。

f:id:ttzest0616:20170414125840p:plain

 

2005年のデータでワースト4位です。

赤枠は日本より1人あたりのGDPが低い国です。

日本より一人当たりのGDPが低いにもかかわらず、日本より貧困率が低い国がけっこうあります。

f:id:ttzest0616:20170414125409p:plain

 

日本の所得再分配はうまく機能していないのではないでしょうか。

政府介入前の子供の貧困率です。

f:id:ttzest0616:20170414130245p:plain

 

日本が意外と低いですね。

 

政府介入後の貧困率です。

f:id:ttzest0616:20170414130333p:plain

 

なんと日本だけが介入後の貧困率が上昇しています。

.....

 

日本は貧困世帯を助ける福祉制度がうまく機能していません。

 

f:id:ttzest0616:20170414130843p:plain

親の働いていない世帯の貧困率はやはり高いです。

 

f:id:ttzest0616:20170414130923p:plain

 

親が働いている世代でも貧困率もメチャ高いです。ほとんど変わりません。

働けど働けど楽にならない。

そのような社会構造です。

一億総中流社会、おもてなしの国、日本の実体です。