読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肥満体がフルマラソンに挑戦するブログ

BMI28、アラフォーです。マラソンを科学します。

韓国ドラマ ミセン

韓国ドラマミセンを見ています。

面白いですね。

f:id:ttzest0616:20170327155856p:plain

 囲碁のプロになることをあきらめた26歳の青年(高卒)が一流企業に契約社員として働く話です。恋愛の要素もありますが、ほとんど出てきません。ただ本人同士は好意を持っているのだろうなということは何となくわかります。それもなんかいい感じです。登場人物みんなにそれぞれドラマがあって描写が細やかなんですね。

 

 韓国の学歴社会は凄まじいといいます。学歴競争が激しいので子どもは朝から晩まで勉強です。弁当も2つ持参し、昼と夜学校で食べて勉強するそうです。

 そんな学歴社会を生き抜いてきた大卒サラリーマンの中には高卒の主人公を徹底的に嫌います。自分たちは今まで遊ばずに勉強ばかりしてきたの、こいつは高卒でコネで一流企業に入ってきた、許せん....と。

 韓国では財閥系一流企業に入社するには本当に大変らしい。日本でもまぁそりゃ大変でしょうが。

 

 

 観ていて思ったのはサラリーマンってつくづく大変だってことです。ドラマの中でサラリーマンは昇進がすべてという台詞があるのですが。これはズシンときますね。もちろん、自分もサラリーマンですが、派閥、経営や収益、出世とは正直無縁の世界です。純粋によい医療を提供できればよいとだけ思っている医師は多そうです。この検査、この治療をしたらいくら儲かるかなんて考える人はあまり居ません。

 医師で経営感覚を持っている人は稀ではないかと思います。採算が合わないような治療でも平気でするし、出来るだけ無駄な検査や治療は避けようと考えます。

 会社はそうじゃありません。株式会社の目的は儲ける事が第一でしょう。

 大変だ。