読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肥満体がフルマラソンに挑戦するブログ

BMI28、アラフォーです。マラソンを科学します。

戦争における1人の命が重くなってきている

 北朝鮮に関する報道が続いています。

2020年までに北朝鮮がアメリカまで届く大陸間弾道ミサイルを開発する恐れがあるらしい。アメリカも流石に自分の国まで届くミサイルが開発されるのは黙っていないわけですが、どうなることでしょう。

アメリカが先制攻撃を行っても、すべてのミサイル発射基地を先に壊滅させるのは無理のようなので、絶対に報復ミサイルが日本、韓国に飛んでくることになる。核ミサイルであった場合には100万単位の人が死亡する可能性もある。

そんなことできるのでしょうか。

 

アメリカ軍の死亡者数ワースト10戦争です。


10, アフガニスタン戦争(2001年~現在) 殉職者総数:2322人 派遣された兵士の数:不明

 9, 米西戦争(1898年~1901年) 殉職者総数:2446人 派遣された兵士の数:30万6760人 

79.73/万人

8, 独立戦争(1775年~1783年) 殉職者総数:4435人 派遣された兵士の数:不明
7, イラク戦争(2003年~2011年) 殉職者総数:4486人 派遣された兵士の数:150万人超

29.90/万人
6, 米墨戦争(1846年~1848年) 殉職者総数:1万3283人 派遣された兵士の数:7万8718人

1687/万人

5, 朝鮮戦争(1950年~1953年) 殉職者総数:3万6574人 派遣された兵士の数:572万人

63.94/万人

4, ベトナム戦争(1964年~1973年) 殉職者総数:5万8220人 派遣された兵士の数:874万4000人

67.26/万人
3, 第1次世界大戦(1917年米参戦~1918年) 殉職者総数:11万6516人 派遣された兵士の数:473万4991人

246/万人
2, 第2次世界大戦(1941年米参戦~1945年) 殉職者総数:40万5399人 派遣された兵士の数:1611万2566人

251/万人
1, 南北戦争(1861年~1865年)  殉職者総数:36万4511人 派遣された兵士の数:221万3363人 注:数字はいずれも北軍のみ。
1646/万人

派遣された兵士あたりで比べてみます。

1800年代は一万人あたり1000人以上が死んでいます。

第二次世界大戦までは250人程度です。

朝鮮戦争は63人程度と減ってます。

ベトナムは67人とあまり変わりません。

イラク戦争は29人です。

 

昔と比べて圧倒的に戦争で死ぬ人が減っています。

武器が発展していき、攻撃する側アメリカ軍の死ぬ人は減っています。

 

逆に民間人 相手側はどうでしょうか。

第一次世界大戦死亡者数 

f:id:ttzest0616:20170406180135p:plain

第二次世界大戦死亡者数

f:id:ttzest0616:20170406173552p:plain

f:id:ttzest0616:20170406173635p:plain

朝鮮戦争

f:id:ttzest0616:20170406175952p:plain

ベトナム戦争 

f:id:ttzest0616:20170406175912p:plain

 

イラク戦争 イラク戦争の犠牲者 推定50万~65万5千人 7割以上が民間人

 

一般人はやはりめちゃめちゃ死んでいます。

ただ以前と比べて減ってきているようです。

民間人の犠牲者が多くなれば、やはり批判が多くなります。反対運動も大きくなります。

以前と比べ、情報が一般人にもすぐに知れ渡る時代です。1人1人の命は以前より重くなっているのです。

朝鮮戦争が勃発すれば、100万単位で死者がでます。

核戦争ともなればもっとです。

それにトランプ政権は耐えられるのでしょうか。トランプさんにそんなガッツありますかね。

無理だと思うな。

結局、北朝鮮には有効な手立てが打てないまま終わってしまうのではないでしょうか。