肥満体がフルマラソンに挑戦するブログ

BMI28、アラフォーです。マラソンを科学します。

 北朝鮮は無視した方がよい

 現在、北朝鮮情勢が緊迫しております。なぜこうも緊張が高まっているのでしょうか。

 トランプ大統領は選挙中には世界の警察はやめて、自国の経済中心な政策を中心に行うような選挙活動をしていましたが、最近方針転換したようです。低いすぎる支持率を上げるために新たな敵を作り出そうとしている気がします。

 北朝鮮は現在核をもっていて、日本にも発射可能です。アメリカまで届くミサイルが届くとなるとアメリカも黙っていないということなのでしょう。アメリカまで届くミサイルができたら、リスクを犯してまで日本や韓国を守るべきかどうかまた新たな議論が生まれそうです。

 日本にとってはアメリカまで届くミサイルかどうかはあまり関係ありません。もうすでに日本は射程距離なのですから。日本は北朝鮮と距離を置き、アメリカからもある程度の距離を置いたほうがよいのではないでしょうか。戦争に巻きまれるよりも。ただ、アメリカがもう守ってくれなくなると大変です。その際には日本も核武装する必要がでてくるかもしれません。

 パキスタン、インドの核保有をアメリカは認めているの、北朝鮮はなぜ駄目なのでしょうか。独裁国だからでしょうか。アメリカが認めないとしても金政権は核開発を放棄することはないと思われます。それは金王朝にとって、体制維持にとって合理的なものだからです。

 北朝鮮が核保有、ミサイル開発を進めるのはもうどうしようもない段階なのではないでしょうか。核を持つ国はそれだけでもうどうしようもないのです。北朝鮮は無視して、その存在を認めて、やっていくしかないのではないでしょうか。