肥満体がフルマラソンに挑戦するブログ

BMI28、アラフォーです。マラソンを科学します。

知能は遺伝する

 お金持ちの家に生まれた人はそれだけで優位にたてます。教育にかけられるお金も十分にあります。また知能もある程度遺伝します。ある研究では18年間総数1万組の双生児ペアについて、知能・学力や性格、精神疾患発達障害などを調査しました。その結果、神経質、外向性、開拓性、同調性、勤勉性といった性格については30〜50%が遺伝で説明できることがわかりました。また知能については70%以上、学力は50〜60%程度が遺伝で説明されました。双生児法を用いた行動遺伝学研究はいまや世界各国で膨大な研究の蓄積があり、音楽や執筆、数学、スポーツに関しては遺伝の寄与率は80%にもなるという報告もあります。いままでは頭のよさが遺伝するというのはどちらかといえばタブーになっていたと思います。

 勉強をがんばったら誰でも賢くなることができる。そう学校では教わってきましたが、実際は異なります。勉強をがんばってもがんばっても出来ない人はいます。

 だからといって教育が無駄ということではありません。読み書き、計算ができることはそれだけで社会で生きていくうえで役に立ちます。ただ、あまりにも高等な数学や物理を全ての人必要かというとそうでもありません。大学は希望すれば、行くことができる社会を今政党が提言していますが、あまり意味がないことだと思われます。高校生ぐらいから自分が勉強するのに向いているかどうかはわかってくるもんではないでしょうか。今まで大学にいけなかった人が行けるようになるというのは社会的に無駄でしょう。それよりも貧困家庭の子供が幼児教育、小中学校での学校教育以外の補修が受けられないことが問題ではないでしょうか。